セブ妻BLOG

セブ島に移住、そしてフィリピン人夫と絶賛生活中

ストレスで自殺する猿?ボホール島の世界最小メガネザル「ターシャ」に注目!【絶滅危惧種】

f:id:ABP:20190315133102j:image
こんにちは。 

セブ島在住でフィリピン人夫と暮らすセブ妻です。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

<セブ島を盛り上げたい!応援クリックお願い致します。>

今回はストレスで自殺する猿?ボホール島の世界最小メガネザル「ターシャ」に注目!【絶滅危惧種】をご紹介します。

ターシャの生息地域は、フィリピンのみとも言われる貴重な固有種です。

 

 世界最小のメガネザル「ターシャ」とは?

f:id:ABP:20190315133132j:image
ターシャとは、フィリピン・ボホール島に生息する世界最小のメガネザルです。また霊長類最小のメガネザルの一種でもあります。

そのサイズは、まさに手のひらサイズで体長は約10センチ程度しかありません。そして重さも100g程度です。

そんな小さなターシャですが、とても特徴的な大きな目を持っています。その目はターシャの脳と同じ重さと言われており、可愛らしさを倍増させます。

ターシャは夜行性のため、その大きな目を使い暗闇で虫や鳥といった獲物を見つけます。こんな可愛らしい見た目ですが、ターシャは肉食です。

また首を180度回転させることもできます。昼間は、寝る時間のため、大人しく木の上に座っていますが、夜はまた違う姿を見せるのです。

www.cebutsuma.com

ターシャの生息地域は?

f:id:ABP:20190315133256j:image
ターシャの生息地域は、フィリピンやボルネオ島など東南アジアですが、フィリピンターシャはフィリピンにのみ生息する固有種です。また絶滅危惧種に指定されている野生のターシャを見つけることは専門家でも難しいと言われています。

またフィリピン・ボホール島は有数の生息地域と言われ、保護されたターシャを身近で見られるほぼ唯一の場所です。

ボホール島は、人口の増加や森林伐採により、絶滅危惧種になってしまったターシャを見られるとても貴重な島といえるでしょう。

ストレスで自殺?ターシャの謎多き生態

f:id:ABP:20190315133331j:image
ターシャは、ストレスを感じると自殺してしまうという驚きの生態を持つ生物です。ターシャは、写真撮影のフラッシュライトや触られた時の体温の変化にもストレスを感じ、木や柵に頭をぶつけて自ら命を絶ってしまいます。

信じがたい話ですが、筆者が島を訪れた際も島民がその話を聞かせてくれました。自ら飛び降り自殺のような行動もとることがあるんだとか。

その為現在は、ボホール島の保護区でも接触禁止・フラッシュ撮影禁止・大声禁止など厳重な注意の元、ターシャは守られています。

絶滅危惧種のターシャに会いに行こう!

ボホール島には、チョコレートヒルズなど数多くの観光名所がありますが、ターシャを見る為だけにボホール島を訪れる人も少なくありません。やはり絶滅危惧種ともあって、注目度は高いです。

そして実際にターシャを目の前にすると、その神聖な雰囲気や驚くほど小ぶりな体に目が釘付けです。とても印象的な体験ができるので、ぜひ訪れてみてください。

☺ボホール島への行き方はこちらを参考にしてみてください。

www.cebutsuma.com

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

Twitter・YouTube・読者登録の方もよろしくお願い致します☺

 

セブ妻YouTube

Salamat:)