セブ妻BLOG

セブ島に移住、そしてフィリピン人夫と絶賛生活中

【セブ島在住が選ぶ】セブ島・マクタンおすすめNO.1レチョン!レストラン【RICO'S LECHON】へ行こう!

f:id:ABP:20181220150212j:plain

こんにちは!

セブ島在住でフィリピン人夫と暮らすセブ妻です。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

<セブ島を盛り上げたい!応援クリックお願い致します。>

今回は【セブ島在住が選ぶ】セブ島・マクタンおすすめNO.1レチョン!レストラン【RICO'S LECHON】へ行こう!をご紹介します。

初めてレチョンを見た時の感想は「ごめんなさい、食べれません(号泣)」くらいのカルチャーショックを受けましたが、今や大好物に・・・残酷な世界です、が美味しい。

 

セブ島で一番の名物グルメ【レチョン】とは?

f:id:ABP:20181220150212j:plain

レチョンとは、子豚の丸焼きです。写真のメニュー上部分にあるものが【レチョン】です。

もっとリアルな子豚が丸焼きが見たい方はこちらをクリックしてください。

フィリピン料理のおススメ5選 | フィリピン情報 | セブ留学アカデミー

苦手な方は私と一緒に次へ進みましょう。(笑)

 

レチョンは、セブ島で一番の名物グルメともいえる料理です。作り方は、豚丸々一匹を炭火でじっくりと焼き上げていきます。

内臓は取り出され、オリジナルの特製調味料で味付けされます。じっくりと焼いていくため、身はふっくら、そしてジューシーです。

セブ島ではお祝い事やクリスマスなど、イベントごとには欠かせない料理となっています。

セブ島・マクタンのおすすめNO.1レチョンは【RICO'S LECHON】

f:id:ABP:20181220150255j:plain

セブ島・マクタンのおすすめNO.1レチョンが食べられるレストランは、【RICO'S LECHON(リコズ レチョン)】です。とても行きやすい立地にあり、空港からもセブ島とマクタンを繋ぐ橋からも近いです。

地図はこちらを参考にしてみてください。

セブ島在住として、数多くのレチョンレストランや自宅に並ぶレチョンを食べてきましたが、【RICO'S LECHON】は断トツに美味しいです。日本で言う「出汁が効いてる」じゃないですが、奥深い味わいがあります。

フィリピンで活躍する多くの有名人の写真もお店に展示されています。
f:id:ABP:20181220150308j:image

お店は平日のディナータイムにも関わらず満席です。むしろ順番待ちが6時半くらいから目立ちました。並んででも食べたいそんなお店です。

実際にレチョンをオーダーすると・・・
f:id:ABP:20181220150325j:image
このような形で提供されます。丸々は出てこないので、安心してください。

上に乗っている三角形は豚の皮で、とってもクリスピーです。脂っこさも強くなく、サクサク食べられます。

身は本当にほろほろととろける触感です。(あーお腹すいてきた)繁盛店なだけあって、定員さんも数多くいます!

セルフィーをしようとしたらすかさず飛んできてくれました。f:id:ABP:20181220150429j:image

優しく、接客もバッチリです!お値段は写真のサイズ500gで1,000円くらいですね。

ライスと一緒に頼むことをおすすめします☺

【おまけ】~レチョンに関する豆知識~

レチョンの作る工程はとてもシンプルですが、代々受け継がれたレチョン職人によって作られることがほとんどです。家庭で豚を買ってきて「さぁ作ろう」思っても、その秘伝の味付けが再現されないのだとか。

いわば伝統芸のようなものですね。そしてちなみに丸々一匹のお値段は、平均サイズで5,000ペソと安くありません。

フィリピン人の平均的なお給料ベースで考えると約一週間分といったところでしょうか…その為、レチョンは多くのフィリピン人にとってご馳走であり、大好物です。

是非セブ島に来たときは【RICO'S LECHON】へ!

【RICO'S LECHON】のレチョンは、自信を持っておすすめできるセブ島グルメです。見た目は生々しいですが、味は絶品なので是非勇気を出して試してみてください。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

Twitter・YouTube・読者登録の方もよろしくお願い致します☺

 

セブ妻YouTube

Salamat:)