セブ妻BLOG

セブ島に移住、そしてフィリピン人夫と絶賛生活中

札幌市の飲食店爆発・42人負傷~防げない事故にどう向き合う?~

f:id:ABP:20181217095415j:image

こんにちは!

セブ島在住でフィリピン人夫と暮らすセブ妻です。

 

皆さん「札幌市の飲食店爆発・炎上」のニュースはご覧になりましたか?

詳しい住所は「札幌市豊平区平岸」ということで、私の実家近く何だか・・・

そこですぐさま母に連絡を入れました。


f:id:ABP:20181217095415j:image

国際ニュースにもなっているらしく、大都市ではないとしてもテロが疑われる時代なのでしょうか・・・感慨深いです。

 

では早速「札幌市の飲食店爆発・炎上」の近況を見ていきましょう。

 

 

札幌市の飲食店爆発による負傷者は42人

www.youtube.com

 

札幌市の飲食店爆発によって42人が負傷し、そのうちの1人である不動産店従業員が顔にやけどなどを負って重傷。爆発があった建物には、不動産店・居酒屋などが入っており、不動産店の外には20キロのボンベ、居酒屋の外には50キロのプロパンガスが置かれていた。

 

爆発により炎上が起こり、同時に建物のガス管が破損。その木片などにより周囲のマンションやファミリーレストランの窓ガラスも割れた。近くの飲食店定員の話によると、爆発の直前にガス臭さがし、中にいた人たちが非難したと言う。

 

火はおよそ5時間半後に消し止められ、建物の300平方メートルが焼けた。けが人は1歳から60代までと幅広い。

 

警察などでは、現場の状況からみて、プロパンガスに何らかの火が引火した可能性があるとみている。そして現在、現場検証が行われている。

www.sankei.com

 

防げない事故への対策はあるのか。

 

北海道胆振東部地震や今回起きた札幌市内での爆発など、予期せぬ災害や予期せぬ事故を防ぐ方法はあるのでしょうか。もう運命・宿命と受け入れるしかないのでしょうか。

 

セブ島でも最近クリスマスや年末にかけて街が慌ただしく、ジプニー(乗り合いバス)事故やバイク事故が起きています。

 

ジプニーによる事故は、乗り合いバスに大型車が突っ込み、1人が死亡、8名程が怪我を負いました。そして、バイク事故ではバイクで3人乗りをしていた子連れの家族に運搬車が突撃し、8歳の男の子を含めた3人が死亡しました。

 

ジプニー事故にしてもバイク事故にしても、どちらに非があったかはわかりません。もしかしたらスピードの出し過ぎや些細な交通ルール違反が事故の引き金になってしまったのかもしれません。

 

ですが数カ月前には、不注意によりトラックが前方車に突撃、そのまま玉突き事故が起こり、数名が死亡するといった事故も実際にセブ島で起きています。現場はマクタンとセブシティを繋ぐ橋の上なので、私たちもよく通る道です。そんな身近な場所で巻き込み事故や予期せぬ事故に遭う確率があると思うと身震いがします。

 

どこにいても完全に事故を防ぐことはできないと考え始めると、人生はいつ終わるかわからないと身が引き締まります。

ある時YouTuberのかねこあやさんが言っていました。「喧嘩をしたら先延ばしにせず仲直りしよう。悪いと思ったら謝ろう。喧嘩したその日に大切なその人がちゃんと家に帰ってくる保証はないんだから」と。

 

本当にその通りだなと思い、その言葉に出会った後からは旦那さんと喧嘩をしても優しく「いってらっしゃい」を言って送り出すようにしています。優しくしてほしければ、まず自分から優しくすること。これ大事。

 

 

 
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。応援クリックお願い致します。

ブログ以外のことも更新中⇒