セブ妻BLOG

セブ島に移住、そしてフィリピン人夫と絶賛生活中

父の「○○ちゃん、お願いだから中国人と黒人だけはやめてね」発言

f:id:ABP:20181214124156j:plain

こんにちは!

セブ島在住でフィリピン人夫と暮らすセブ妻です。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

<セブ島を盛り上げたい!応援クリックお願い致します。>

海外に住んでいると、もしくは海外に旅行に行くと、またはレアケースで行くと国際結婚をしていると、いや日本にいても「人種差別」という問題にぶつかることはないでしょうか。

私も旅行先や国際結婚後、または両親の口癖などで「人種差別」について考えることが何度かあり、今回はそんな国際問題「人種差別」について話したいと思います。

 

 

私が旅行先で受けた人種差別【フランス編】

f:id:ABP:20181214124156j:plain

 

まず初めに私がフランス旅行中に受けた人種差別から話したいと思います。

私は19歳の時に初めて一人旅行に行こうとフランス旅行を計画しました。それまでに何度か母親と海外旅行には行っていたので特に不安はありませんでした。過保護な母親には、出発一週間前まで旅行のことは隠し、ちょうど一週間前になったとき電話で報告しました。(すでに私は一人暮らしで東京と北海道の距離でした。)すると半ギレの母親はその日のうちに同じ日程のチケットを取り、結局一緒に行くことに・・・(なんかはたから見ると私が迷惑かけているわがまま娘みたいだ。)

そして無事フランスへ。一人旅行を計画していたこともあって飛行機・ホテルは格安。母からは案の定文句しか出てこないという環境で、何とか楽しくなるであろうフランス旅行がスタートしました。

フランスの空港についてホテルに向かう道は電車で50分ほどだったと思います。読めないフランス語の駅名を探しながらなんとか電車を乗り継いだのですが、なんだか途中から通過するはずの駅名が見当たらなくなりました。「あ、間違ったな」と思いつつ、外の景色が興味深かったので焦ることもなく電車に揺られていました。

するとある事に気付きました。空港で最初に乗ったときには白人のフランス人が多かったはずなのに、いつの間にか周りを見回すと私たち2人のアジア人以外は、ほぼ全員黒人のフランス人に。視線を感じたので、向こうも「このアジア人2人どこに向かってるんだ?」って思っていた気がします。そして次に通過した駅で下車。人が全然いなかったので、カフェを探し目的地の駅名にはどうやって行けばいいのか聞き、親切なお兄さんが地図を描いて教えてくれました。

そして15分程電車にまた揺られ、ホテルに無事到着。チェックイン後、見た目東南アジア人のベルボーイが荷物を運んでくれるとのことで一緒に部屋までついてきました。そして部屋に向かう途中、鍵を渡してくれたのですが、渡し終わっても手を放してくれません。かなり強めの力で握っています。19歳当時の私は「Don't touch me!」なんて叫べず、15秒ほど我慢。母が振り向いたと同時にベルボーイは手を放しました。その後も同じ階で待機されたり、後をついてこられたり母と私の中では今も恐怖談として残っていますが、それはさておき。

そんな感じで質素に始まったフランス旅行でしたが、観光地に行ったり、雑貨屋さんを回ったり、そしてフランスらしいカフェにも。そしてそのカフェで「人種差別かな?」と思う不快な経験をしました。

そのカフェに入ったのはランチ時で、食事のメニューをくれたのですが、その時「英語のメニューは必要ですか?」と聞かれました。当時はまだまだ私も日本人らしかったので遠慮して母と「大丈夫です大丈夫です」と言いました。大丈夫ではないので、もらっておくべきなのですが、当時は英語に自信もなく、なんだかその時は気が引けました・・・。ですが、結局そのウェイターさんは英語のメニューを持ってきてくれました。ですが、同時にスタッフ同士が英語で私たちの真似をして笑いを取り、それに続けて「英語のメニューいらないって言ってじゃあフランス語で頼むの?ハハハ」と大爆笑。いや馬鹿にするならフランス語で話してよ!そしたらとりあえず理解はできないじゃんと今は思ったりもします。(笑)ですが当時はなんだか悲しいのと不快さでいっぱいになりました。その後頼んだメニューもオーダーとは別のもの、付け合わせのパンも床に落ちたものを皿に戻して提供されました。

今なら英語で文句を吐き捨てて速攻店を出ると思います。

これが一つ目の私が思う「人種差別体験」です。

フィリピン人夫に対する人種差別

f:id:ABP:20181214124243j:plain

私はフィリピン人の旦那さんと結婚してもうすぐ一年ですが、今のところハッキリとした人種差別発言はされていません。ですが、小さな心の突っかかりができることもあります。

例えば婚約期間中、私がフィリピン人と付き合っていることを知った日本人30代男性が私のことを人に紹介する時「この子フィリピン人と婚約してるんだよ。勿体無いよね~」とか言います。私は「はるかにあなたより素敵な人と婚約していますよ。」と心の中で思います。

「勿体無いよね」に含まれる要素はさまざまでしょう。ですが、私のことも今の旦那さんのことも知らない人がどうしてそんな発言をするのでしょうか。自分の方が、日本人の方がお金があると思っているから?フィリピンにもお金持ちはコロコロ程度いますよ。

 

父の「○○ちゃん、お願いだから中国人と黒人だけはやめてね」発言

f:id:ABP:20181214124317j:plain

私の父は小さい頃から「○○ちゃん、お願いだから中国人と黒人だけはやめてね」と言い続けました。小さい頃はなんのこっちゃといった感じでしたが、要するに「中国人と黒人とだけは結婚するな」ということです。このような偏見が世界から消えることはあるのでしょうか? 

「人種問題」の終わりは・・・

まとめとして、私にはまだ人種問題の終わりは見えません。私は国籍で人を判断できません。好きな外国人や日本人、嫌いな外国人や日本人がいます。だけど、理不尽に人を傷つける差別は必要ないと思います。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

Twitter・YouTube・読者登録の方もよろしくお願い致します☺

 

セブ妻YouTube

Salamat:)